漢字にフリガナをつける方法(WordPress)

投稿者: | 2019年2月23日

Change The Styleです。

とあるサイトの改修依頼を受けたのですが、漢字にフリガナをふってもらいたい、というものでした。

ということで、今回は、ワードプレスで漢字にフリガナをふる方法についてご紹介します!



漢字にフリガナをふる方法

ちなみに、漢字にフリガナをふることを、ルビをふるといいます。

どうしてルビというのか、については後述してますので、気になる方は読んでみてください。

 

ルビをふらないと、本当に不格好なんです。

私は最初に方法を知らなかったために、こうなってました。

これだと不格好というだけでなく、読みにくいですよね・・・

では、これだと?

読みやすくなりましたよね!

 

さて、ルビをふる方法はとっても簡単!

<ruby>漢字<rt>かんじ</rt></ruby>

という形のコードを使うんです。

ルビをふる文字を<ruby>で囲んで、そのあとにルビを<rt>で囲むという形です。

 

ただ、困ることがあるんです。

ルビをふる量が多いと、どうしてもゴチャゴチャしてしまうんです・・・

それを回避するための方法を考えました!

<ruby>漢字<rt>※</rt></ruby>

という形にするのです。

つまり、いきなり漢字にルビをふるのではなく、最初に漢字だけにタグを当て込んでしまう、ということです。

そうすれば、あとはルビを入れていくだけ!

これで、混乱することはなくなるでしょう。

実際のサイトはこちらをクリック!



どうしてルビというのか

語源としては、明治時代にまで遡ります。

一説によると、活版印刷業界でフリガナの大きさを宝石の名前で呼んでいたことの名残だそうです。

今、利用されている多くのフリガナがルビーという呼ばれる文字の大きさだったことから、

ルビー⇒ルビ

となり、これだけが残ったようです。


 

参考サイト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です